4つの占術

そもそも占術の種類って全部でいくつあるのでしょうか?たくさんありすぎて数えるのも大変ですよね!そこで大きく分けて4つに分けられることがわかりました。その4つの占術を紹介させていただきます。

大きく分けて4つの種類

生まれ持った運命をみる『命』

該当する占術:占星術、四柱推命、九星気学など
今年の運勢や、生まれ持った宿命、自分の性格などを知りたい時に使えるのが『命』の占術。
主に生年月日や生誕地などの情報を使って占います。

移り変わる事柄をみる『卜』

該当する占術:タロット、易、ルーンなど
近い未来や相手の気持ちなど、移り変わりやすい事柄を占うのに適しているのが『卜』の占術。
カードやサイコロなどの道具を使うことが多く、物事の偶然性から結果を導きます。

様々な要因でいずれ移り変わっていく『相』

該当する占術:手相、姓名判断、風水など
今は確かなことでも、いずれ移り変わる可能性のある事柄を占うときに使うのが『相』の占術。
人の顔や手、家の配置など、見た目から占うことが多く、主に対面鑑定で使用されます。

どんなことでもみれる特殊能力『霊』

該当する占術:霊感、透視、オーラ鑑定など
一般的にどんなことでも占えると言われていますが、占い師の能力や相談者との相性に大きく結果が左右されやすい『霊』の占術。
霊感やオーラ鑑定など、特別な能力を用いて行われる鑑定は、遠隔で鑑定する電話占いで特に人気となっています。

リノアでよく使われる占術

●断易・・・占うテーマによって「父母」、「兄弟」、「子孫」、「妻財」、「官鬼」など六親五類に分けられた「用神」を決め、占った月日(占機)の十二支と比較しながら五行の強弱を見て占います。見た目はサイコロやコインを投げるだけと非常にシンプル。

●オラクルカード・・・「過去」「現在」「未来」を示す3枚のカードを引いて、それぞれのカードのメッセージから自分の気持ちに寄り添ったアドバイスを受け取ることができます。オラクルカードの示すやさしいアドバイスは、目的地まで足元を照らす明かりにたとえられています。

●ダウジング・・・チェーンの先に、きれいに尖った先を持つ石を下げて占うダウジング。石の振り子(ペンデュラム)の揺れ方で鑑定するユニークな占術です。まっすぐに垂らしたペンデュラムと同調するように、静かな心持ちで行うように心がけましょう。

●カバラ占術・・・カバラ占術では、生年月日や名前から割り出した運命数を用いて、その人の生まれ持った性格や傾向、運勢など先天的な事柄を占うことができます。運勢を占うときにもよく活用される占術です。