占い師とは?

占い師募集最近は世の中でも占いを利用する方が前と比べて多くなっていますが、利用者が多いことにより
その分占い師が必要になってきています。なので募集しているところもたくさんあります。
今回は占い師に必要なものはなにか考えてみましょう。

占い師ってなに?

占い師ってそもそもどんな人のことを言うんでしょうか?占い師の仕事に興味はあるけど、霊感とか特別な能力があるわけでもないし、特別な家系で育ったわけでもないただの一般人でも出来るものなのか中には、こんな風に疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。占い師というと、霊感などの特別な力を持っていたり、お寺や占い師一家で生まれ育った人、特別な修行を積んだ人がなるイメージを持っているかもしれません。しかし、実は占い師というのは誰でもなれるものなのです。占い師になるために必ずこれをしなければならない、こんな能力が必要、この資格を取得するといった条件はありません。資格も届出も必要なく、それこそ、「私は占い師です」と名乗ってしまえば、例え特別な力がなかったとしても、占い師になれてしまうのです。しかし、名乗ったところで、実際に占いができなければ占い師としての活躍は難しいですし、お客様はつかないでしょう。占いをしてほしくて占い師のもとへ行ったのに、「占いはできません」なんて言われたらお客様も納得するわけがありません。そのために占術を覚えてできるようにならないといけませんね。

占い師に求められるものとは?

利用者が占いに求めるものとは一体どのようなものなのでしょうか。電話や対面など様々な占いに共通することなのですが、利用者が占いに求めているのは「安心」なのではないかと思います。占いを利用する方のほとんどは抱えている悩みを解決したい、不安に思うことを解消したいなど、大なり小なり心に問題を抱えています。もちろんそうでない人もいるのですが、心配ごとがあるから占いを利用するという方は少なくありません。どのように悩みを解決していくのか、不安をなくせるのか。それを知るために占い師を頼って訪ねてくるのです。占いの結果を受けて解決へ導く良いアドバイスをすることが出来るか、不安を拭い前向きな気持ちへと導くことが出来るか。利用者はそういった期待を胸に占い師を尋ねてくるのです。利用者の納得のいく返答が出来ること、結果が悪くても満足いくアドバイスができることなど、占い師に求められるのはそういったものなのではないでしょうか。